Date

乾燥肌にオススメのスキンケア Pierre

乾燥が気になるお肌にオススメのスキンケア化粧品をご紹介します!ドライスキン肌タイプの脂性肌の方も要チェックです。
Breast Cancer Ribbon

赤ちゃんのお肌と乾燥肌の共通点

posted by:
biyouhaomakase

実は赤ちゃんのお肌と乾燥肌の方には似た部分があります。

というのも、赤ちゃんのお肌は大人とは異なる部分があるからです。

まず、赤ちゃんの皮膚はとっても薄いんです。
どれくらいの薄さかというと大人の皮膚の1/2~1/3程の薄さです。

皮膚が薄いから何なの?と思われたかもしれませんが、
皮膚の薄さによる影響について考えてみましょう。

なんとなくイメージして頂きたいのですが、
足の裏のかかと部分の皮膚と目の下のクマができたりする薄い皮膚の部分を針でチクチクとしてみるとしたらどうでしょうか?
感覚的に足の裏の方が大丈夫なような気がしませんか?

実際にかかと部分の皮膚と目の下の皮膚とでは厚みが違います。

かかと部分の皮膚はお肌の中で最も分厚いとされています。

つまり、皮膚の厚みは刺激の伝わりやすさが異なります。

皮膚が分厚いと奥まで刺激が伝わりにくく、薄いと刺激を強く感じます。

さらに皮膚が薄いとお肌が抱え込むことのできる水分量は少なくなります。

また、生後数か月たつとどんどん皮脂分泌が少なくなっていきますが、皮脂が少ないとお肌の潤いを守ることができなくなってしまいます。

そのため赤ちゃんのお肌は乾燥しやすい条件が揃ったお肌ということになります。

乾燥に至る理由は赤ちゃんと大人の乾燥肌の方では違いますが、お肌が乾燥しやすくバリア機能が不足しているという意味では赤ちゃんのお肌も大人の乾燥肌も同じと言えます。

というわけで、乾燥肌でお悩みの方は同じように乾燥しやすい特徴がある赤ちゃんのお肌用に作られたベビーソープやベビーローション、ベビーオイルなどでスキンケアをされるとお肌をやさしくケアすることができオススメです。

hr

乾燥肌になるメカニズム

posted by:
biyouhaomakase

どうしてお肌がカサカサの乾燥肌になってしまうのでしょうか?

潤いのあるハリ艶肌だったのが気付いたら乾燥肌に…。

その理由は何でしょうか?

乾燥肌になるメカニズムについてご紹介しましょう。

乾燥肌になってしまう原因は体の内と外両方から考える必要があります。

まずはわかりやすい外側の要因を考えてみましょう。

お肌を乾燥させる外的容認には次のようなものがあります。

①皮脂の落とし過ぎ
②保湿の不足
③日焼け
④空気の乾燥

入浴時に洗顔やボディソープを使って顔や体を洗うと思いますが、その際には皮脂が洗い流されます。

皮脂はお肌の潤いを逃さないように保護する役目があるため、皮脂を失うことはお肌を乾燥させる原因となります。

また、保湿ケアをされない場合も特に入浴後の皮脂が落とされた状態のお肌だとお肌の潤いを守るものがないということなので乾燥しやすくなります。

夏の日焼けもお肌を乾燥させる原因となります。日焼けはお肌が黒くなるだけでなく乾燥状態にもしてしまいます。

さらに冬は空気が乾燥すると言いますが、乾燥した空気はお肌の潤いも奪いがちです。皮脂が少ないとお肌は簡単に水分を奪われてしまいますので、注意が必要です。

上記に挙げたような外的要因はごくごく当然といえるような乾燥理由です。

次に内的要因を挙げてみます。

①食事の栄養バランスが悪い・栄養が不足している
②睡眠不足
③ストレスが多い
④運動が不足している
⑤肩こりが激しい

お肌はたんぱく質でできていますが、お肌をプルプルで潤いやハリツヤのある状態にするにはコラーゲン組織の充分な形成や女性ホルモンの分泌などが不可欠です。

そのためには適切な食事、十分な睡眠、ストレスの発散、適度な運動、肩こりを改善して血行を良くするなどの日々の努力が必要となります。

体の内側・外側両方からの乾燥対策を意識していないとお肌は知らず知らずのうちにすぐにカサカサになってしまいます。

そして、乾燥肌の一番怖いところは、放置すればするほど乾燥が悪化するだけでなく、女性の誰もが悩まれるシミやシワ、たるみ、くすみなどの原因ともなってしまいます。

もちろん若い頃は多少乾燥肌を放っておいても新陳代謝などが活発で細胞も元気ですから、なんとかなりますが、年を取るとどんどんお肌の代謝も落ち、女性ホルモンの分泌も減り、皮脂分泌も減り、乾燥肌を放置しているとすぐにシミやシワなどのトラブルが起こります。

そうならないためにも乾燥肌は早め早めに対処してしっかりとケアしていかなければなりません。

hr

どうしてカサカサの乾燥肌だと痒くなる?その理由は?

posted by:
biyouhaomakase

お肌がカサカサにカサつくほど乾燥している場合に痒みを感じることがあると思います。

入浴後もお肌の皮脂が洗い流されるので保湿化粧品で保湿しないとすぐにカサカサになり、かゆくなったりします。

この乾燥肌と痒みの関係とは一体何なのでしょうか?

これまでは痛みと痒みは同じ神経が感じているものだというのが定説だったのですが、どうやら痛みを感じる神経と痒みを感じる神経は違うということが分かってきました。

ですが、痛みも痒みも外部からの刺激を感じた際に起こるということは似ています。

カサカサの乾燥肌はお肌を外部の刺激から守るためのバリア機能が失われている状態です。

本来なら刺激と感じないような刺激でも刺激と感じとってしまうことがあります。

つまり、カサカサの乾燥肌がかゆみを感じやすいのは乾燥肌ではなく健康的なお肌の場合だと感じないような刺激を刺激と受け取ってしまうからです。

そのため、乾燥肌によるかゆみにお悩みの場合はまずはお肌を刺激から守るために乳液などの保湿化粧品でしっかりとお肌を保護してあげることが大事です。

ただし、一つだけ注意事項があります。

それは、お肌への刺激が強い成分が入っていない化粧品を選ぶことです。

乳液の場合はたくさんの成分が入っていて保湿成分も入っていますが、防腐剤や変質防止剤なども配合されており、使われている成分によってはお肌への刺激となります。

せっかくの保湿ケアが乾燥肌への刺激となり、逆にかゆみとなる可能性もありますので、低刺激であることが大切です。

もし成分を見てもわからないという場合には水にヒアルロン酸くらいのシンプルな化粧水で潤いを与えた後、ホホバオイルや馬油などで保湿ケアをしてあげましょう。

乳液だと潤いも油分も両方いっぺんに補えて良いのですが、成分をみてある程度良い悪いがわからないと判断しづらいかと思います。

乳液タイプの化粧品が低刺激がどうかを判断するにはどんな成分が無添加なのかを確認することをおすすめします。

お肌に良くない成分が無添加であればあるほどお肌にとってはやさしい化粧品といえるからです。

乾燥肌によるかゆみ対策は低刺激な保湿化粧品による保湿ケアが最適です。

hr

なぜ乾燥肌に化粧水をつけても効果が薄いのか?

posted by:
biyouhaomakase

乾燥肌は潤いの不足したお肌です。

潤いが足りないのであれば、補えばいい!ということでお風呂上りにたっぷりの化粧水をつけてスキンケアする方も多いと思います。

ですが、乾燥肌の場合化粧水による保湿ケアだけではなかなか改善は期待できません。

なぜなら乾燥肌というのは砂漠のようなものだからです。

砂漠に水を撒くとどうなりますか?
一瞬だけ濡れてすぐにサラサラの元の砂漠となります。

では、畑の土に水を撒くとどうでしょう?

湿った状態がある程度長時間維持されます。

この違いはなんでしょうか?

それは、水分を保持する力があるかどうかの違いです。

砂漠の砂には保水力がほとんどありません。
畑の土には保水力があります。

乾燥肌は砂漠の砂のようなもので、水分を与えてもそれを保持する力が弱いのです。
健やかなお肌というのは畑の土のように潤いを保持する力があります。

お肌の水分を保持する力に関係するのが角質層にある角質細胞です。
角質細胞の中には天然保湿因子と呼ばれるアミノ酸やヒアルロン酸、乳酸、ミネラル、PCAなどが含まれており、それの保水力によってお肌の潤いが保持されます。

乾燥肌の場合はこの天然保湿因子が不足しています。
天然保湿因子が不足する原因はスキンケアよりも生活習慣などの方が影響したりします。

生活習慣を改善していけばお肌の状態も改善していきますが、それまでの間乾燥した状態を放置しているとお肌の状態はどんどん悪化していきます。

そのため、スキンケアでお肌の状態が悪化しないようサポートすることが大切です。

化粧水による潤いだけでは不足で、その場合に必要なのは乳液のような水分と油分両方を補えるケアです。

しっかりと化粧水で潤いを与えているのに乾燥肌が改善しないという場合は、与えた潤いを保持できずすぐに乾いてしまっている可能性があります。

化粧水と乳液のダブル使いでも良いですし、乳液で水分と油分を効率よく補うのもアリです。

もう一つ重要なのは使用する保湿化粧品はお肌にやさしいものであることです。

乾燥肌はお肌のバリア機能が失われていて刺激等に弱い状態です。

刺激の強い化粧品を使うとそれがお肌への負担となり肌荒れなどを引き起こす原因ともなりますので、必ずお肌に優しい化粧品を使用しましょう。

赤ちゃん用のベビーローションが乳液タイプでお肌にやさしいものが多いのでおすすめです。

hr

乾燥肌に入浴剤は効果的?メリットとデメリット

posted by:
biyouhaomakase

乾燥肌の方はお肌の保湿ケアに力を注いでいると思います。

日々のスキンケアでお肌を保湿してあげることはもちろんですが、入浴時の湯船に使う入浴剤でもお肌の保湿ができればと考える方も少なくないはずです。

ただし、入浴剤にはメリットもあればデメリットもありますので、知った上で有効活用しましょう。

①入浴剤のメリット
入浴剤には薬用などであれば、血流改善の効果があったり、体を温める効果があったり、美容成分や保湿成分が入っていたりするものがあります。

良い香りで癒しの効果もある入浴剤もありますね。

入浴剤のメリットは香りによる癒し効果や薬用成分による効果、保湿・美容効果などが追加されるという点です。

②入浴剤のデメリット
入浴剤の成分を見たことはありますでしょうか?

入浴剤によってはお肌への負担となる成分で化粧品などでは避けられがちな成分が入っていたりする場合があります。

もちろん全部が全部とは言いません。

ですが、せっかく保湿や美容効果などを得ることができる入浴剤によってお肌が負担を受け、逆に肌トラブルとなる場合もありますので、入浴剤を選ぶ際には成分チェックも怠らないことをおすすめします。

化粧品などでもあるあるな話ですが、良い点、メリットは存分にアピールされているのですが、良くない点はアピールされないものです。

使う側もこれはヒアルロン酸が入っているから良さそうとか、セラミド配合だから良さそうとか、EGF配合だから、幹細胞配合だからといった良い点ばかりに注目しがちです。

本当にチェックすべきなのはいかにデメリットが少ないかです。

そのためにはどんな成分が無添加なのかを確認するのが手っ取り早い方法となります。

化粧品であっても入浴剤であってもどんな成分が使われているかの確認は大切ですし、良い成分がどれだけ使われているかよりも悪い成分がどれだけ使われていないかの方が重要です。

乾燥肌の方は特にお肌のバリア機能が未熟で刺激にも敏感な状態となっていることが多いので余計に入浴剤選びはお肌への負担となる成分が入っていないかどうかを確認することをおすすめします。

hr

乾燥肌に必要なのは潤いと油分!シンプルケアがお肌を健やかに

posted by:
biyouhaomakase

お肌の乾燥が気になりだすとあれもこれも色んなケアが必要に思えたり、化粧品が合っていないんじゃないかとか気になりだします。

そんな乾燥肌にお悩みの方に知っておいてほしいことは、乾燥肌から脱却したいのであれば、あれもこれも色々と手を出さないということです。

科学の進歩によって将来的に化粧品がどのように発展していくかはわかりませんが、現状の化粧品でできることはお肌が健やかな状態でいられるようにサポートすることだけです。

シミを消したり、ニキビ痕を消したりといった効果を化粧品に期待しても無駄です。

中には化粧品でシミが消えたとか、ニキビ跡が治ったという方もちらほらいらっしゃいますが、それが本当であれば、たまたま体内の状態が良くなり、お肌の新陳代謝などが改善され、化粧品によって表皮の状態も良くなりといった偶然が偶然を呼んで奇跡的にそうなったというだけで誰でも同じ様になるわけではありません。

シミは基本的に紫外線を浴びることで角化細胞というものに異常が起こり、色素細胞に対してメラニン生成の指令を出し続けることによって起こります。

本来は作られたメラニンはターンオーバーという新陳代謝によって皮膚の奥から表面に押し上げられ、垢として剥がれてなくなりますが、メラニンが生成し続けられるとターンオーバーでもなくなることがなく着色されたまま残ってしまいます。

そしてニキビ跡というのは表皮の奥にある真皮に傷がついた状態です。
真皮にターンオーバーはありませんので、基本的に治らないのです。

ですが、人体には底知れないパワーがありますので、運動を始めたとか、食生活を改善したとか、職場が変わってストレスがなくなったとか、毎日笑顔で幸せといったことが影響して傷付いた細胞が修復されることがあるわけです。

シミやニキビ跡の改善はこれくらいの奇跡が起こらないと成しえません。

そして、お肌の表面の角質層のケアには潤いと油分によるケアを行えば十分です。

過剰な配合成分はお肌への負担となりえますので、十分な潤い補給と油分補給ができれば良いのです。

そのため、乾燥肌を何とかしたいと思って色々な挑戦をされるのはお肌への負担を増やすだけになりかねませんし、「どうしよう」という不安な気持ちや焦りはお肌にとってはマイナスの効果しかありません。

乾燥肌に悩んでいる時こそ、いかにストレスを減らして笑顔でいられるか、生活習慣を整えられるかを考え、使う化粧品はなるべくシンプルでお肌への負担を考慮した優しい成分で作られている保湿化粧品を使うのが一番です。

シンプルなスキンケアこそ潤いや艶のある健康的な健やか肌への近道です。

hr

乾燥肌は使う洗濯洗剤にもご注意を!洗剤が原因のかゆみ対策!

posted by:
biyouhaomakase

人はお肌に直接触れないものにはあまり意識がいきにくいものです。

お肌に直接つける化粧品選びには必死になっても、お肌に触れるタオルや衣類を洗う洗剤を気にかける人はまだ少ないと思います。

ですが、衣類に残った洗濯洗剤によってお肌のトラブルが起こったり、痒みが発生したりといったことはよくあります。気付いていないだけです。

市販の洗濯洗剤には漂白剤や蛍光剤、シャンプーでは問題となって現在では使用が避けられる傾向にあるラウリル硫酸Naなどが使われています。

漂白剤や蛍光剤(蛍光増白剤)は洗濯物をより白く見せるために使われる成分ですが、洗濯物に残ることでお肌に触れた際にお肌への負担となる場合があります。

ラウリル硫酸Naもシャンプーでは使われなくなってきたといっても洗濯洗剤ではいまだに使われています。

適量を使っていれば洗剤の残留も少なくなりますが、目分量で感覚で使用している方も多いのではないでしょうか?
洗剤はだいたい水30Lに対していくらといったように使用量の目安が決まっています。

それに対して多く入れてしまったり、すすぎの回数が少なかったりすると衣類やタオルに洗剤が残留しやすくなります。

こういった洗濯洗剤による肌トラブルを予防するためにはまず、漂白剤や蛍光剤が無添加のものを選びましょう。

さらに洗浄成分は生分解性という成分が分解され無機物になるなりやすさが高いものが使われていると良いです。

洗濯洗剤なので洗濯物の汚れが落ちないようでは意味がありません。
かといって汚れ落ちはいいけど成分が残ってしまうのも良くありません。

理想は十分な洗浄力を持ちながらお肌に良くない成分が使われておらずシンプルなものです。

特に乾燥肌の方はお肌のバリア機能が低下しているため、残留洗剤によるお肌への刺激がトラブルへとつながりやすいので注意しましょう。

もし、シャンプーやボディソープ、洗顔、化粧水、乳液、美容液などを見直してもお肌の乾燥やかゆみなどがいっこうに治まらない場合には洗濯洗剤の衣類やタオルへの残留が原因となっている可能性もありますので、一度洗濯洗剤の見直しをされてみることをおすすめします。

hr

頭皮の乾燥肌にお悩みの方はシャンプー選びがポイント

posted by:
biyouhaomakase

頭皮もお肌の一部です。そして頭皮が乾燥するとパラパラと頭皮の皮膚が剥がれてフケのようになります。

別に皮膚が剥がれているだけなので汚くはないのですが、はたから見ると不潔に見えますので、頭皮の乾燥肌に悩む方も多いことでしょう。

まず過去の実体験からお話ししますと、
昔は何もこだわらず家にあるシャンプーを使っていました。

すると夏はまだいいのですが、冬はお風呂上りに髪をバサバサとかき分けるとパラパラっと粉が舞い降りていました。

もちろん何が原因かわからず、特に対策もしていませんでした。

今となっては化粧品の成分知識やシャンプーについても多少詳しくなったので、シャンプーが原因だったんだなとわかります。

頭皮の乾燥肌にお悩みの場合、ポイントは2つです。

一つは洗浄力がちょうどよく、お肌にもやさしいいわゆる低刺激シャンプーを使うこと。

もう一つは生活習慣の見直しです。

どんなに低刺激で頭皮にやさしいシャンプーを使っても頭皮の乾燥が改善しないことは十分考えられます。

というのも、本来であれば、皮膚の一部である頭皮も必要な分の皮脂を分泌して頭皮を乾燥から守ろうとするはずです。

それなのに、乾燥してカサカサになっているということは、皮脂の分泌が少ないわけです。

皮脂の分泌が少なくなる原因には生活習慣が大きく関わってきます。ストレスの溜めすぎや睡眠不足もよくありません。

食事も関係します。

また、頭皮の奥では血管が通っていて血液がせっせと循環しているわけですが、頭皮って普段あまり動かさないため血流が悪くなったりもしています。

頭皮マッサージをすることも大切なのです。

そういった生活習慣の見直しを計った上で、シャンプー選びが重要となります。

洗浄力が強すぎると頭皮の皮脂を奪い過ぎ、潤いまで洗い流してしまって頭皮の乾燥を招きます。
刺激の強い成分などが入っているとさらに頭皮へのダメージとなり、頭皮が弱ってしまいます。

そのため、適度なちょうど良い洗浄力で頭皮の負担を軽減できるようなシャンプーがおすすめとなります。

選び方のポイントはまず洗浄成分です。そして保湿成分です。最後が配合成分のシンプルさです。

たくさん成分が入っていると良いと思われがちな傾向がありますが、逆です。
シンプル成分の方が負担は少なくなります。

もちろん使われている成分一つ一つがお肌にやさしいものであることは大前提ですが。
なるべくシンプルな成分で作られたシャンプーを選びましょう。

現状頭皮の乾燥によるフケでお悩みの場合はシャンプーの見直しと頭皮用の化粧水などで頭皮の保湿を心掛けましょう。

hr

口角炎予防にベビーローションで保湿ケアがおすすめ

posted by:
biyouhaomakase

口角炎って知っていますか?

冬などに唇の両端部分がパカッと裂けて、口を開ける度に裂けてしまい、なかなか完治しないやっかいな症状です。

見た目的にも口の横に血が出た状態なので嫌ですし、痛いですし、辛い症状です。

口角炎の原因にはカンジダという真菌が関係しているケースが多いようです。
ビタミン不足や体調、ストレスなども原因となるようです。

どんな原因であったとしてもお肌を健やかな状態に保つことが一番の予防法となります。

そんな口角炎予防にはお風呂上りに顔の保湿ケアがおすすめです。

口角炎予防としての顔の保湿ケアのポイントは油分チャージです。

化粧水を使って保湿される方は多いと思いますが、化粧水は水分を補うもの。

お肌は水分と油分のバランスによって健やかな状態が保たれますし、お肌に与えた水分を逃がさないためにも油分を補うのは大切なことです。

経験上、口角炎は冬に顔の保湿ケアをせずにいると口の横が乾燥でヒリヒリして、潤そうとして舌で舐めたりしていると口の横がカサカサになっていってあるとき裂けるというパターンがほとんどです。

この時もカンジダ菌が関係しているのかどうなのかは不明ですが、保湿ケアをすれば結構早く治まります。

本当は裂ける前にケアすべきなのでしょうが、いつも事後ケアとなってしまっています。

裂けてしまった場合も本来は病院に行くべきなのでしょうが、病院に行くのもめんどくさいので、そのうち治るだろうと放置していましたが、治りかけてもすぐに裂けてしまい、完治しないため、どうしたものかと思い、保湿しようと思いました。

そこで家にたまたまあったベビーローションを塗ってみたのです。

特に滲みることもなく、保湿も持続し、3日程毎日塗ったら治りました。

ただ、本当は炎症が出ている状態では薬を使って治すべきなのでこのやり方をおすすめするわけではありません。

自分の場合はたまたまそれで治まったということです。

ただし、口角炎になる前の顔の保湿ケアには保湿力が持続し、お肌にもやさしいベビーローションでの保湿ケアがおすすめです。

毎日ベビーローションで保湿ケアしてあげることでお肌を健やかな状態に保ち、口角炎予防に役立ちます。

あくまでも口角炎が出来る前の保湿ケアに役立てましょう。
もし口角炎になってしまった場合はおとなしく病院にいって薬をもらうことをおすすめします。

hr

ベビーローションを比較する時は大手モールの口コミを参考に!

posted by:
biyouhaomakase

ベビーローションを買おうと思っても、たくさんのブランドから発売されているのでどれが良いのかわからないことも多いと思います。

全成分に目を通してこれは良い、これはダメと判断できれば一番良いのでしょうが、そんなことができるほど成分に精通している方は稀です。

出来る限りお肌にやさしいベビーローションを選ぶためにはどんな成分が無添加になっているかなど無添加チェックをすることは欠かせませんが、もう一つチェックするとベビーローション選びに役立つのが口コミです。

大手モールの口コミは基本的に買ったことのある人の生の声です。
某有名口コミサイトもありますが、商品によっては比較できるほどの口コミがついていなかったりするので、モールのレビューの方が参考にしやすいです。

ではベビーローションを比較する際に口コミのどの部分をチェックすれば良いでしょうか?

評判の良いベビーローションかどうかを確認するのでしょうか?
半分正解で半分不正解です。

というのも、ベビーローションの価格はピンキリです。

安ければ悪く、高ければ良いというわけではありませんが、
高い商品ほどチェックの目は厳しくなるのではないでしょうか?

がっかり感って値段が高いほど大きくなりませんか?
100円なら仮に良くなくてもまー100円だしってなることも多いと思います。

でも10000円ならどうでしょうか?10000円払って良くなかったらクレームものになりませんか?

そして、当たり前ですが、低価格のベビーローションの方がたくさん売れています。たくさん売れていますので口コミの数も多くなるのが普通です。

なので口コミがいっぱいついていても価格が安い場合は当然とも言えるわけです。
逆にベビーローションの中では高額なのにたくさんレビューがついていて評価が高ければ買った方の満足度が高いという表れでもあります。

口コミを利用してベビーローションを比較する際には口コミの内容の確認はもちろんですが、価格と評価を照らし合わせてみるのもおすすめです。

口コミの内容も大事で、安さに満足しているのか、届く速さに満足しているのか、香りに満足しているのか、肌トラブル対策用として満足しているのかといったことを確認しましょう。

特に肌トラブルに悩んでいるわけでもないのに評価が高いからと言って高いベビーローションを選んでも満足できない可能性が高くなります。

あくまでもママ自身が望んでいるものを得られそうかどうかを口コミを見ながら判断してみてはいかがでしょうか?

hr