Date

乾燥肌にオススメのスキンケア Pierre

乾燥が気になるお肌にオススメのスキンケア化粧品をご紹介します!ドライスキン肌タイプの脂性肌の方も要チェックです。
Breast Cancer Ribbon

乾燥肌に必要なのは潤いと油分!シンプルケアがお肌を健やかに

posted by:
biyouhaomakase

お肌の乾燥が気になりだすとあれもこれも色んなケアが必要に思えたり、化粧品が合っていないんじゃないかとか気になりだします。

そんな乾燥肌にお悩みの方に知っておいてほしいことは、乾燥肌から脱却したいのであれば、あれもこれも色々と手を出さないということです。

科学の進歩によって将来的に化粧品がどのように発展していくかはわかりませんが、現状の化粧品でできることはお肌が健やかな状態でいられるようにサポートすることだけです。

シミを消したり、ニキビ痕を消したりといった効果を化粧品に期待しても無駄です。

中には化粧品でシミが消えたとか、ニキビ跡が治ったという方もちらほらいらっしゃいますが、それが本当であれば、たまたま体内の状態が良くなり、お肌の新陳代謝などが改善され、化粧品によって表皮の状態も良くなりといった偶然が偶然を呼んで奇跡的にそうなったというだけで誰でも同じ様になるわけではありません。

シミは基本的に紫外線を浴びることで角化細胞というものに異常が起こり、色素細胞に対してメラニン生成の指令を出し続けることによって起こります。

本来は作られたメラニンはターンオーバーという新陳代謝によって皮膚の奥から表面に押し上げられ、垢として剥がれてなくなりますが、メラニンが生成し続けられるとターンオーバーでもなくなることがなく着色されたまま残ってしまいます。

そしてニキビ跡というのは表皮の奥にある真皮に傷がついた状態です。
真皮にターンオーバーはありませんので、基本的に治らないのです。

ですが、人体には底知れないパワーがありますので、運動を始めたとか、食生活を改善したとか、職場が変わってストレスがなくなったとか、毎日笑顔で幸せといったことが影響して傷付いた細胞が修復されることがあるわけです。

シミやニキビ跡の改善はこれくらいの奇跡が起こらないと成しえません。

そして、お肌の表面の角質層のケアには潤いと油分によるケアを行えば十分です。

過剰な配合成分はお肌への負担となりえますので、十分な潤い補給と油分補給ができれば良いのです。

そのため、乾燥肌を何とかしたいと思って色々な挑戦をされるのはお肌への負担を増やすだけになりかねませんし、「どうしよう」という不安な気持ちや焦りはお肌にとってはマイナスの効果しかありません。

乾燥肌に悩んでいる時こそ、いかにストレスを減らして笑顔でいられるか、生活習慣を整えられるかを考え、使う化粧品はなるべくシンプルでお肌への負担を考慮した優しい成分で作られている保湿化粧品を使うのが一番です。

シンプルなスキンケアこそ潤いや艶のある健康的な健やか肌への近道です。

Leave a Reply