Date

乾燥肌にオススメのスキンケア Pierre

乾燥が気になるお肌にオススメのスキンケア化粧品をご紹介します!ドライスキン肌タイプの脂性肌の方も要チェックです。
Breast Cancer Ribbon

赤ちゃんの乳児湿疹は乾燥肌が原因?乾燥が招くお肌へのリスクとは?

posted by:
biyouhaomakase

赤ちゃんのお肌はしょっちゅうブツブツができたり、カサカサになったり、ジュクジュクになったりします。

そういった赤ちゃんのお肌にできた湿疹などのことを乳児湿疹と呼びます。

小児科や皮膚科などで乳児湿疹と診断されることが多いと思いますが、病名ではなく、赤ちゃんのお肌にできる湿疹全ての呼び名のことです。

そんな乳児湿疹はママの悩みの種でもあります。

できては治ってを繰り返し、その度に病院に連れていったりと結構大変だったりします。
それでなくても育児と家事の両立でただでさえ忙しいのがママなのですから、できれば乳児湿疹などできない方が良いに決まっています。

乳児湿疹ができてから治すのと、乳児湿疹ができない毎日を送るのは結果は同じようでも全然違います。

何が違うのか?

まず、乳児湿疹ができやすいということはお肌の状態が悪い。
乳児湿疹ができにくいということはお肌の状態が良いということであり、赤ちゃんの頃からそうやって健やかなお肌の状態を保つことは大人になった時のお肌の状態にも歴然とした違いをもたらすのでバカになりません。

また、病院に連れて行くという時間を使わなくて良くなります。

そして、痛い湿疹や痒い湿疹など我が子が辛そうにしているのを見なくて良いというお金には代えがたいものもあります。

病院&薬代とスキンケア代を天秤にかけるだけではなく上記のような価値があるわけです。

つまり、予防できるのであれば、予防するに越したことはないということです。

では実際に乳児湿疹から赤ちゃんのお肌を守るためにはどのようなことが必要なのでしょうか?

ベビースキンケアにはベビーソープ、ベビーローション、ベビーオイル、ベビーUVミルク
などがあります。

UVミルクは外出時以外に使用することはなく、ベビーオイルはなかなか使い勝手がよく、ベビーマッサージや大人のヘアケアなど様々なシーンで活躍するので持っておいて損はありませんが、毎日のスキンケアの基本としてはベビーソープとベビーローションを使うこととなります。

なぜならお肌のケアに必要となる基本的なケアというのは「洗うケア」と「保湿ケア」だからです。

洗うケアをこなすのはベビーソープで、保湿ケアはもちろんベビーローションです。

でもベビーソープやベビーローションは何を使っても良いのでしょうか?
赤ちゃんのデリケートなお肌のために作られたベビーソープやベビーローションなのですから、どれも同じだと思いがちですが、そういうわけでもありません。

乳児湿疹の日々から解放されるための赤ちゃんのスキンケアとして最適なベビーソープやベビーローションの選び方についてわかりやすく紹介されているページは下記となります。是非ご参考に。
乳児湿疹対策におすすめのベビーソープ&ベビーローションの選び方とは?

Leave a Reply