Date

乾燥肌にオススメのスキンケア Pierre

乾燥が気になるお肌にオススメのスキンケア化粧品をご紹介します!ドライスキン肌タイプの脂性肌の方も要チェックです。
Breast Cancer Ribbon

赤ちゃんの乾燥肌は乳児湿疹の原因に?

posted by:
biyouhaomakase

大人でも乾燥肌に悩む方は大勢いらっしゃいますが、
乾燥肌に悩むのは大人だけではありません。

多くの方がみずみずしくて潤っていると思い込んでいる赤ちゃんのお肌も実は乾燥肌傾向にあります。

理由は赤ちゃんの皮膚が薄く、水分保持量が少ないうえに、皮脂分泌が安定していないからです。

そして、大人の肌トラブルの原因になるのが乾燥肌であるのと同じように、
赤ちゃんの場合も乾燥肌が乳児湿疹へとつながることが多いのです。

乾燥肌が直接乳児湿疹へとつながるケースもありますが、
多くの場合は、乾燥肌によって弱ったお肌がトラブルを起こしやすいというケースになります。

カサカサしていたり、痒みを帯びているようなお肌を放っておくと
お肌本来のバリア機能が失われ、それだけでなく、お肌の新陳代謝なども落ちるので、皮脂が詰まりやすくなり、ニキビへとつながったり、汗による刺激に負け、あせもになったり、接触性皮膚炎などにもなりやすくなります。

乳児湿疹といっても色々種類がありますが、共通していえることは、
乳児湿疹ができないようにするための予防策があるとするならば、
赤ちゃんのお肌の状態を毎日のスキンケアによって潤いもある健やかな状態に保ってあげることです。

スキンケアだけで乳児湿疹対策予防として万全かというと、そうとも限りませんが、
大人の場合よりはスキンケアによる効果は望めると思います。

というのは、赤ちゃんは大人ほど複雑な生活を送っていません。
大人は生活リズムが崩れたり、ファストフードばかり食べていたり、睡眠不足が続いたりなどして生活環境が多様化しますが、赤ちゃんは基本は寝ること、母乳やミルクを飲むこととパターンが限られています。

食事面いうなら母乳とミルクなので、この部分だけを見直す、といっても良い母乳を出すためのママの食事管理が大切となったり、しっかりと睡眠をとれるように環境を整えてあげたり、着る衣類や使うタオルによる刺激を考慮したりなど、ハウスダストやカビ、ダニなどの対策くらいでしょうか?

色々あるといえば、ありますが、大人に比べて見直すべき点は少ないと言えます。

そのため、スキンケアでお肌の状態を整えてあげることは赤ちゃんの方がしやすいかもしれません。

赤ちゃんのお肌を乳児湿疹から守るために心掛けたいことは、
使うスキンケア化粧品の「低刺激性」と「保湿力」
この点です。

皮膚が薄く敏感なお肌の持ち主である赤ちゃんは刺激の強いスキンケアが乳児湿疹へとつながることがあります。

お肌のケアをするためのスキンケアでお肌のトラブルを招いていては仕方ありません。

そして、スキンケアの基本はお肌を乾燥から守ることです。
そのためにはしっかりとお肌に水分と油分を与えてお肌の状態を整えてくれるスキンケアが必要となります。

Leave a Reply