Date

乾燥肌にオススメのスキンケア Pierre

乾燥が気になるお肌にオススメのスキンケア化粧品をご紹介します!ドライスキン肌タイプの脂性肌の方も要チェックです。
Breast Cancer Ribbon

赤ちゃんは大人よりも乾燥肌傾向が強い?その理由とは?

posted by:
biyouhaomakase

赤ちゃんのお肌についての知識は大人のスキンケアほど広まっていないイメージです。

そもそもベビースキンケアが注目されだしたのはここ5年以内くらいからではないでしょうか?

実際、今の60代の人に赤ちゃんのスキンケアについて聞いても意識したことがない、とか、そもそも赤ちゃん用石鹸などは1つしか売られていなかったといった内容ばかりでベビースキンケアという概念自体がなかったようです。

ですが、本当は大人がスキンケアをしないといけないのであれば、赤ちゃんはもっとスキンケアをしてあげないといけないのです。

それは赤ちゃんのお肌が大人のお肌より未熟だからです。

何が未熟かというと、
まず皮膚が薄い点です。

なんと大人の半分以下の薄さなのです。

皮膚が薄いと叩かれたりしたら痛いですね。つまり刺激に対して弱くなるのです。かかとの皮膚は体の皮膚の中で一番分厚いと言われていますが、かかとの皮膚は叩いてもあまり痛みを感じませんよね。

つまり皮膚の薄さは皮膚の敏感さにつながっているということです。

そして、赤ちゃんって時期によってお肌の特徴が異なります。
産まれてすぐは皮脂が多くオイリー肌なのですが、3~4ヶ月程で皮脂が落ち着き乾燥しやすくなっていきます。

皮脂はお肌を守る保護の役目や潤いを逃さない保湿の役目があるのでこの皮脂の分泌が不安定ということはお肌のバリア機能が安定しないということです。

皮脂分泌が減っていくとお肌のバリア機能が低下するため、お肌は乾燥しやすくなります。

また皮膚が薄いということはお肌の蓄えることができる水分量も少ないということで、より潤いを失いやすいお肌と言えます。

赤ちゃんのお肌のことを考えるのであれば、大人でいうところの敏感肌や乾燥肌の方を思い浮かべると良いでしょう。

しかも最近はアトピーとアレルギーの関係性、アレルギーとお肌のバリア機能の関係性などが研究によって徐々に明らかになってきています。

お肌のバリア機能の低下はアレルギーの原因といわれているアレルゲンの侵入にもつながりますので、お肌を保護するためにも保湿によるスキンケアは欠かせません。

赤ちゃんの頃からしっかりとスキンケアを意識して保湿ケアを行ってあげることが大人になった時の美肌にもつながるかもしれません。

お肌がボロボロになったり、シミができたり、しわになったりしてからのケアでは遅いのです。
基本的にシミを取るには美容整形などでの治療が必要です。

スキンケアでシミを改善することはできないからです。

できてから治すのではなく、できないように健康的で美しいお肌の状態をスキンケアで維持することがとても大切なのです。

お肌がデリケートな赤ちゃんにこそ保湿スキンケアは大切で、その後のお肌の状態にも関わってきます。
赤ちゃんのお肌の大人との違いをしっかりと把握して適切なケアをしてあげましょう。

hr

お肌の乾燥に注意が必要なのは冬だけじゃない!夏の乾燥肌対策

posted by:
biyouhaomakase

保湿ケアが注目されるのは季節でいうと冬です。

秋くらいから徐々に保湿スキンケアに関する商品が売れ始めるそうです。

確かに冬は乾燥の季節といわれるほど空気が乾いていて、寒さ対策として暖房を使ったり、熱いお湯を使ったりしてお肌の乾燥を加速させる要素がたくさんあります。

ですが、お肌の乾燥に注意が必要なのは冬だけではありません。

ジメジメしてお肌が汗でびっしょりというイメージが強い日本の夏においても乾燥肌対策は必要です。

その理由は夏もエアコンを利用するからです。

エアコンを利用すると空気は乾燥します。
また、湿気を取るために除湿機能を使う場合もありますね。

だからこそ夏もお肌が乾燥しやすい条件が揃っているわけです。

また、夏場は汗だくになってシャワーなどで汗を流す機会も増えると思いますが、シャワー後などもお肌は乾燥しやすくなっていますので、保湿ケアを行ってあげる方が良いのです。

もっといいますと、冬や夏だけでなく年中保湿ケアは行った方が良いです。

というのも保湿ケアは乾燥対策に役立つだけではなく、お肌の保護の役割も果たしているからです。

お肌は本来自らの機能としてお肌を守るバリア機能というものが備わっていますが、体調や食事バランス、睡眠不足などの原因によってもすぐに影響を受けバリア機能が低下するなんてことは多々あります。

そんな時にお肌のバリア機能をサポートしお肌を守ってくれるのが保湿ケアです。

春や秋などは花粉なども気になったりしますが、花粉で肌荒れを起こす場合もあります。

そのため、お肌の保護目的として保湿ケアをしてあげるのも効果的なのです。

そして、お肌の保湿ケアにおすすめなのが、赤ちゃん用化粧品です。
具体的にいうとベビーローションです。

ベビーローションは保湿機能だけでなく、赤ちゃんの敏感で未熟なお肌に対してやさしい成分で作られているものが多いので赤ちゃんだけでなく大人の保湿ケアにもオススメなのです。

ただし、ベビーローションも色んなメーカーの様々なブランドのものがあり、配合されている成分などは様々なので、成分をみてお肌の刺激となるような成分が入っていない無添加ベビーローションを選ぶようにしましょう。

hr

赤ちゃんの乳児湿疹は乾燥肌が原因?乾燥が招くお肌へのリスクとは?

posted by:
biyouhaomakase

赤ちゃんのお肌はしょっちゅうブツブツができたり、カサカサになったり、ジュクジュクになったりします。

そういった赤ちゃんのお肌にできた湿疹などのことを乳児湿疹と呼びます。

小児科や皮膚科などで乳児湿疹と診断されることが多いと思いますが、病名ではなく、赤ちゃんのお肌にできる湿疹全ての呼び名のことです。

そんな乳児湿疹はママの悩みの種でもあります。

できては治ってを繰り返し、その度に病院に連れていったりと結構大変だったりします。
それでなくても育児と家事の両立でただでさえ忙しいのがママなのですから、できれば乳児湿疹などできない方が良いに決まっています。

乳児湿疹ができてから治すのと、乳児湿疹ができない毎日を送るのは結果は同じようでも全然違います。

何が違うのか?

まず、乳児湿疹ができやすいということはお肌の状態が悪い。
乳児湿疹ができにくいということはお肌の状態が良いということであり、赤ちゃんの頃からそうやって健やかなお肌の状態を保つことは大人になった時のお肌の状態にも歴然とした違いをもたらすのでバカになりません。

また、病院に連れて行くという時間を使わなくて良くなります。

そして、痛い湿疹や痒い湿疹など我が子が辛そうにしているのを見なくて良いというお金には代えがたいものもあります。

病院&薬代とスキンケア代を天秤にかけるだけではなく上記のような価値があるわけです。

つまり、予防できるのであれば、予防するに越したことはないということです。

では実際に乳児湿疹から赤ちゃんのお肌を守るためにはどのようなことが必要なのでしょうか?

ベビースキンケアにはベビーソープ、ベビーローション、ベビーオイル、ベビーUVミルク
などがあります。

UVミルクは外出時以外に使用することはなく、ベビーオイルはなかなか使い勝手がよく、ベビーマッサージや大人のヘアケアなど様々なシーンで活躍するので持っておいて損はありませんが、毎日のスキンケアの基本としてはベビーソープとベビーローションを使うこととなります。

なぜならお肌のケアに必要となる基本的なケアというのは「洗うケア」と「保湿ケア」だからです。

洗うケアをこなすのはベビーソープで、保湿ケアはもちろんベビーローションです。

でもベビーソープやベビーローションは何を使っても良いのでしょうか?
赤ちゃんのデリケートなお肌のために作られたベビーソープやベビーローションなのですから、どれも同じだと思いがちですが、そういうわけでもありません。

乳児湿疹の日々から解放されるための赤ちゃんのスキンケアとして最適なベビーソープやベビーローションの選び方についてわかりやすく紹介されているページは下記となります。是非ご参考に。
乳児湿疹対策におすすめのベビーソープ&ベビーローションの選び方とは?

hr

乾燥肌は汚肌の悪循環?デメリット3つ

posted by:
biyouhaomakase

乾燥肌と敏感肌どちらにより危機感を覚えますか?

言葉の響き的には敏感肌の方が辛そうですね。
乾燥肌はなんとなくカサカサしていたら乾燥肌じゃないの??といった感じでとらえている方も多いと思います。

ですが、乾燥肌というのはデメリットだらけで、しかも放置するとどんどん見た目も汚い汚肌(おはだ)へと導かれる最悪の悪循環を生み出してしまいます。

多くの女性が憧れる透き通るようなお肌。
艶と潤いのあるお肌。

そういったお肌とは無縁なのが乾燥肌です。

乾燥肌になるとどのようなデメリットがあるかをあげていきたいと思います。

①肌トラブルが頻繁に起こるようになる
乾燥肌というのは言い換えるとお肌のバリア機能を失ったお肌とも言えます。

本来であればお肌のバリア機能がちょっとくらいの刺激や物質の侵入からお肌を守ってくれていますが、そのバリア機能が失われると当然、お肌はもろに刺激や侵入を受けることになり、湿疹や肌荒れといったお肌のトラブルが起こりやすくなります。

②カサカサ⇒ガサガサ⇒皮膚が裂けるといった見た目の悪化とリアルなダメージ
乾燥肌というのはカサカサしているお肌のことですが、カサカサも放置するとザラザラしたり、ガサガサという表現がピッタリなほど乾燥が進みます。触ってみると違いがよくわかるはずです。

それがひどくなると皮膚が裂けたりしてきて痛みも伴いますし、見た目的にも最悪です。
放置すればするほどに悪化して歯止めが効かなくなっていきます。

③粉吹き・シワ・シミ・くすみ・たるみといった女性が避けたいお肌の特徴と密接
お肌というのは水分と油分というバリア機能にも大きく関わる2つの要素によって健やかな状態に保たれています。

乾燥肌は当然水分も油分もありません。

先程も言いましたが、お肌のバリア機能も働かないため、紫外線などの影響も受けやすくなります。
紫外線を受けるとメラニンが作られ対抗しますが、このメラニンが残ったままになってしまうとシミやそばかすなどの原因となります。

メラニンが残りやすいのは新陳代謝が悪いお肌ですが、つまり乾燥肌こそ新陳代謝の悪化の原因の一つでもあります。

他にも乾燥が続くとお肌自体が弱っていき、しわができやすくなったり、お肌のハリがなくなりたるみが出たりします。

粉吹きも乾燥によってお肌の角質層が剥がれることによって起こります。

このようにお肌の乾燥には何一つ良いことがないわけです。

しかも乾燥肌状態の放置は悪化以外なく、いかに早く対処するかが将来の自分のお肌を決めると言っても過言ではありません。

40代より30代、30代より20代、20代より10代、10代より赤ちゃん、といった感じでより早い時期からお肌を乾燥させず、健やかな状態に保つことが汚肌ではなく美肌でいられるための秘訣です。

美肌は1日にしてならずです。

hr

大人の乾燥肌には赤ちゃんにやさしいベビーローションがおすすめ

posted by:
biyouhaomakase

大人の方で乾燥肌にお悩みの方はたくさんいらっしゃると思います。

大人の肌の悩みといえば、乾燥肌と敏感肌といっても過言ではありません。

そして、乾燥肌と敏感肌は表裏一体の関係といえるくらい密接な関係があります。

つまり、乾燥肌の方には敏感肌の悩みを持つ方も多く、反対に敏感肌の方の特徴として乾燥肌の場合も多くなっています。

なぜ乾燥肌と敏感肌に関係があるのかというと、
どちらもお肌のバリア機能の低下が関係しているからです。

お肌のバリア機能というのはお肌に対する外からの刺激や物質の侵入からお肌を守る肌が元々持つ機能です。

バリア機能を担っているのはおおざっぱにいうと水分と油分です。

皮膚の角質層の潤いの層と皮膚を覆う油分の層の2つの層でお肌を守っているわけです。

乾燥肌というのは角質層の潤いがなく、油分もないような状態で見た目がカサカサです。
そして敏感肌というのは皮膚が薄くなっている方もいらっしゃいますが、皮脂なども少ないことが多くバリア機能が健やか肌の方と比べ低下しています。

つまり、お肌の乾燥というのは乾燥肌にも敏感肌にもつながるお肌の大敵なのです。

そんな大人の方の乾燥肌対策としておすすめなスキンケアがベビーローションによる保湿ケアです。

化粧水や乳液、美容液によるケアじゃダメなの?と思うかもしれません。
もちろんダメではありません。

ですが、乾燥肌や敏感肌の特徴を考えるとベビーローションの方が無難にケアできる可能性が高いのです。
その理由は、乾燥肌や敏感肌というのは刺激に対して弱くなっているからです。

簡単な話、化粧水や乳液、美容液が場合によってはお肌にダメージを与えることになりかねないということです。

ではなぜベビーローションなら無難なのでしょうか?
それは、赤ちゃんのお肌というのはまさに大人でいう乾燥肌や敏感肌の両方の性質を備えたようなお肌だからです。

皮膚が薄く、お肌のバリア機能が未熟といわれる赤ちゃんのお肌にたいして作られているのがベビーローションなので、大人の敏感肌や乾燥肌の方のケアとしてもおすすめです。

全てのベビーローションがお肌にやさしいとは言い切れませんが、大人用の基礎化粧品に比べるとお肌にやさしいものは多くなっています。もちろん大人用の基礎化粧品の中にも赤ちゃんのお肌に使えるくらいやさしいものはありますので、大人用がダメということではもちろんありません。

ベビーローションの中で赤ちゃんのお肌にやさしいかどうかを判断する際には無添加の対象となっている成分をしっかりと確認してより多くお肌への負担となりえる成分が配合されていないベビーローションを選びましょう。

hr

赤ちゃんの乾燥肌は乳児湿疹の原因に?

posted by:
biyouhaomakase

大人でも乾燥肌に悩む方は大勢いらっしゃいますが、
乾燥肌に悩むのは大人だけではありません。

多くの方がみずみずしくて潤っていると思い込んでいる赤ちゃんのお肌も実は乾燥肌傾向にあります。

理由は赤ちゃんの皮膚が薄く、水分保持量が少ないうえに、皮脂分泌が安定していないからです。

そして、大人の肌トラブルの原因になるのが乾燥肌であるのと同じように、
赤ちゃんの場合も乾燥肌が乳児湿疹へとつながることが多いのです。

乾燥肌が直接乳児湿疹へとつながるケースもありますが、
多くの場合は、乾燥肌によって弱ったお肌がトラブルを起こしやすいというケースになります。

カサカサしていたり、痒みを帯びているようなお肌を放っておくと
お肌本来のバリア機能が失われ、それだけでなく、お肌の新陳代謝なども落ちるので、皮脂が詰まりやすくなり、ニキビへとつながったり、汗による刺激に負け、あせもになったり、接触性皮膚炎などにもなりやすくなります。

乳児湿疹といっても色々種類がありますが、共通していえることは、
乳児湿疹ができないようにするための予防策があるとするならば、
赤ちゃんのお肌の状態を毎日のスキンケアによって潤いもある健やかな状態に保ってあげることです。

スキンケアだけで乳児湿疹対策予防として万全かというと、そうとも限りませんが、
大人の場合よりはスキンケアによる効果は望めると思います。

というのは、赤ちゃんは大人ほど複雑な生活を送っていません。
大人は生活リズムが崩れたり、ファストフードばかり食べていたり、睡眠不足が続いたりなどして生活環境が多様化しますが、赤ちゃんは基本は寝ること、母乳やミルクを飲むこととパターンが限られています。

食事面いうなら母乳とミルクなので、この部分だけを見直す、といっても良い母乳を出すためのママの食事管理が大切となったり、しっかりと睡眠をとれるように環境を整えてあげたり、着る衣類や使うタオルによる刺激を考慮したりなど、ハウスダストやカビ、ダニなどの対策くらいでしょうか?

色々あるといえば、ありますが、大人に比べて見直すべき点は少ないと言えます。

そのため、スキンケアでお肌の状態を整えてあげることは赤ちゃんの方がしやすいかもしれません。

赤ちゃんのお肌を乳児湿疹から守るために心掛けたいことは、
使うスキンケア化粧品の「低刺激性」と「保湿力」
この点です。

皮膚が薄く敏感なお肌の持ち主である赤ちゃんは刺激の強いスキンケアが乳児湿疹へとつながることがあります。

お肌のケアをするためのスキンケアでお肌のトラブルを招いていては仕方ありません。

そして、スキンケアの基本はお肌を乾燥から守ることです。
そのためにはしっかりとお肌に水分と油分を与えてお肌の状態を整えてくれるスキンケアが必要となります。

hr

乾燥性敏感肌とは?乾燥肌と敏感肌の深い関係性

posted by:
biyouhaomakase

乾燥肌という言葉や敏感肌という言葉はよく耳にされると思いますが、
乾燥性敏感肌という言葉は聞いたことあるでしょうか?

そのままの意味で乾燥肌でもあり敏感肌でもあるということなのですが、
実はほとんどの敏感肌の方に当てはまることですし、逆にほとんどの乾燥肌の方にも当てはまることなのです。

つまり、乾燥肌と敏感肌というのは元々強い関係性があるわけです。

乾燥肌というのはお肌を健やかな状態である際に必要な「潤い」と「皮脂膜」が失われている、もしくは「潤い」だけが失われている状態です。潤いだけが失われている状態を脂性肌やインナードライ肌と呼んだりします。

そして敏感肌というのは皮膚が薄くなったり、お肌のバリア機能が低下して外部からの刺激に弱くなっている状態です。

お肌のバリア機能というのは先程の乾燥肌の説明ででてきた「潤い」と「皮脂膜」によって保たれています。

結局のところ、乾燥肌も敏感肌もお肌のバリア機能が低下している状態ということになります。

だから自分は肌がカサカサしているから乾燥肌だと思っていたり、
洗顔の度にピリピリするから敏感肌だと思っている方は実はどちらも乾燥肌でもあり敏感肌でもある可能性があります。

そして、乾燥肌と敏感肌は互いに悪循環サイクルへと陥ってしまいがちなので、
お肌への刺激の少ないスキンケアで潤いと油分を補いながら、
乾燥肌や敏感肌の原因となっている、食生活の偏りや、睡眠不足、ストレスのかかる環境、生活リズムの乱れといった体内環境の悪化を改善し整えるケアをしてあげることが必要です。

乾燥肌、敏感肌はともにバリア機能が低下しているので、選ぶ化粧品は低刺激に限ります。

敏感肌向けとか乾燥肌向けのスキンケアも増えてきていますが、
赤ちゃん用のベビースキンケア化粧品も敏感肌や乾燥肌の方におすすめです。

hr

乾燥肌の方におすすめの洗顔はドルチボーレベビーソープ

posted by:
biyouhaomakase

乾燥肌の方は保湿ケアだけでなく、洗顔やボディソープ選びにもこだわることをおすすめします。

というのも、乾燥肌をさらに悪化させてしまうのは、
洗顔やボディソープといった洗浄系化粧品だからです。

乾燥肌というのはお肌のバリア機能となる油分が少なくなっていてお肌の潤いを逃がしやすくなっている状態です。

そのようなお肌の状態で、洗浄力や脱脂力の強い洗顔やボディソープを使用すると、
より乾燥を悪化させることにつながる可能性があります。

洗って乾燥を悪化させて、乳液やローションで保湿するのではなく、
できる限り洗った際にもお肌を乾燥から守ってあげることが乾燥肌対策には必要です。

そこで乾燥肌の方の洗顔やボディソープとしておすすめしたいのが
デリケートな赤ちゃんのお肌のことを考えて作られたドルチボーレベビーソープです。

このドルチボーレベビーソープですが、楽天市場のベビーシャンプー・ソープ部門のデイリーランキング1位をとったこともあるベビーソープで、ベビーソープにしてはかなり高額ですが、レビューの評価が高いので、満足度の高いベビーソープとなっています。

レビューの内容はお肌を洗ったあともしっとりしていて、人によってはベビーローションなしでも大丈夫という場合もあるようです。

そして、ブツブツなどの乳児湿疹が治まったという声も多く見られます。

お値段が高いので、他のベビーソープに替える方もいるようですが、
替えたら湿疹ができてしまい、またドルチボーレベビーソープに戻したら湿疹が治まったというケースもあるようです。

このドルチボーレの洗ったあともしっとりという特徴が乾燥肌の方の洗顔やボディソープとしておすすめな理由です。

もちろん、赤ちゃんのデリケートなお肌のために厳選した成分を使用しているので、お肌にも優しいベビーソープとなっています。

hr

乾燥肌に保湿ケアは必須!さらにポイントを押さえてもっと健やか肌に!

posted by:
biyouhaomakase

乾燥肌には保湿が欠かせないということは誰もが知っていることだと思います。

乾燥肌に保湿ケアを行わなければ、お肌の状態はどんどん悪化していき、
様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。

乾燥対策には保湿ケアが必須なわけですが、
さらにもう一つポイントを押さえてあげることでよりお肌によって最適なケアができますので、
是非知っておいてください。

もう一つのポイントは「お肌への優しさ」です。

お肌への優しさと言葉で表すのは簡単ですが、
実際にお肌に優しい化粧品を選ぶことはとても大変なことです。

多くの方は何を見ればお肌に優しいのかそうでないのかがわからないからです。

何を見たら良いかというともちろんそれは「成分」になります。

水、グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na・・・などと記載されている成分を見るわけですが、
またしてもここで問題となるのが、グリセリン?BG?ヒアルロン酸はなんとなくわかる。

つまり、ほとんどの成分は見てもどのような成分か分からないという問題です。

ヒアルロン酸とかセラミドとか、コラーゲンといわれると有名な保湿美容成分なので、知っている方も多いですが、
それ以外の成分なんて知らない方が普通です。

お肌への優しさを成分をみてわかるようになるために全ての成分を覚える必要があるのか?というとそんなことはありません。

よほどな成分マニアを目指している方以外はまず不可能です。

というわけで、お肌への優しさをチェックする時には、
どんな成分が入っているかよりも、どんな成分が入っていないかを確認することがおすすめです。

どういうことかというと、成分の一つ一つをチェックしていくのは大変ですが、
使われていて欲しくない成分が入っているかどうかのチェックなら比較的楽です。

そんな成分すらわからないという方、
色々な化粧品の特徴として書かれている無添加に着目してください。

無添加は入れてないよ!ということを示しているので、
もちろん入れないのはお肌に良くない成分ですよね?

いくつかの化粧品の無添加を見ているとなんとなくどんな成分がお肌に良くないのかというのはわかってくると思います。

最低限それらの成分の名称を知っておけば、しっかりとお肌を保湿してくれて、なおかつお肌にも優しい化粧品をご自身で自信を持って選ぶことができるようになっていきます。

是非、乾燥肌の方は保湿ケアだけでなく、お肌への優しさにも注目して化粧品選びをして頂くことをおすすめします。

hr

乾燥肌には脱脂力の強い洗顔やボディソープはNG

posted by:
biyouhaomakase

乾燥肌の方は保湿ケアを重視される方も多いと思いますが、
確かに保湿ケアは大切ですが、それと同じくらい大切なポイントがあります。

それはお肌を洗う際に皮脂を落とし過ぎないように注意するということです。

皮脂を落とし過ぎるということはお肌に含まれている潤いを外に逃がしやすくなるということといえます。

特にお風呂上りなどは皮脂が洗い流されて保湿する皮脂膜がなく、肌の表面は濡れていてその水分が蒸発する際にお肌の潤いも一緒に奪ってしまう傾向があり、余計に乾燥しやすくなります。

乾燥したら保湿ケアというよりも、まずは乾燥をなるべく防ぐためのケアが必要となります。

そのためには洗顔やボディソープといった洗浄系化粧品の選び方はとても重要となります。

最近ではよく知られてきている洗浄成分による脱脂力の違い。

例えば、ラウリル硫酸Naという洗浄成分は洗浄力や脱脂力ともに強すぎる成分として有名です。

このような洗浄成分が使われているとお肌の皮脂を必要以上に落としてしまい、さらにはお肌に負担をかけることにもつながりますので、乾燥肌の方はラウリル硫酸Naのような脱脂力の強い洗浄成分ではなく、アミノ酸系のココイルグルタミン酸TEAやココイルアラニンTEA、グルコシド系のデシルグルコシドや、ベタイン系と呼ばれるラウラミドプロピルベタインといった適度な洗浄力で潤いを残しながら洗い上げてくれるものを選ぶことをおすすめします。

洗浄系化粧品の品質を大きく分けるものは水の次に多く配合されている洗浄成分です。
なので、なにはともあれ、とにかく洗浄成分がどのような成分かをチェックするだけでもお肌の乾燥対策としておすすめです。

とにかく、保湿ケアだけでなく、脱脂力の強い洗顔料やボディソープを避けるといった対策をとることが乾燥肌の方にオススメのケアといえます。

hr